栄養不足の食生活は抜け毛につながる

抜け毛や薄毛を引き起こす原因は10人いれば10人とも異なるように、人それぞれです。

 

 

遺伝や生活習慣の乱れ、ストレスやシャンプーが合っていないなど、どれも抜け毛を引き起こす要因となりますが、栄養不足も大きく関わっているのです。

 

 

毎日忙しくてジャンクフードや肉中心の食生活であったり、過度なダイエットで十分に栄養を摂取できなかったりすると脱毛を促してしまうことになります。

 

ジャンクフード

 

また人間のからだは栄養不足に陥ると、生命維持に関わる大切な臓器などへ栄養を優先的に運ぶようになるので、生命維持とは関係のない髪の毛に栄養がまわってくるのはいちばん最後なのです。

 

 

毎日の食事でしっかりと必要な栄養を摂取していないと、髪の毛が細くなり、ハリやコシがなくなり、ツヤがなくなったりと脱毛だけでなく、健康な髪の毛から遠のくことになるのです。

 

 

髪の毛の主成分はケラチンと呼ばれるたんぱく質で構成されています。
ケラチンとは18種のアミノ酸が一緒になってできたたんぱく質なので、アミノ酸を摂取できていないと栄養不足の原因になります。

 

 

ケラチンには髪を紫外線などの外部刺激から守る役割もあります。

 

 

なので、栄養不足になってケラチンが不足すると抜け毛を促進させてしまうのです。
脱毛を予防改善するためには、食生活の見直しがキーポイントになります。

 

 

バランスよく食事を摂ることが大切で、たんぱく質が良いからといってたんぱく質ばかり摂っていても抜け毛は改善されません。

 

 

緑黄色野菜、魚、海藻類、キノコ類など、色々なものを取り入れることで関わり合い、より良い働きをしてくれます。
効率よく取り入れるために、必要な栄養素は全てバランスよく取り入れることが肝心です。

 

 

抜け毛予防の育毛剤で大切な3つのこと