抜け毛を増やす食生活には気を付けよう

抜け毛でお悩みの人で育毛剤や育毛に関連する商品を使用している人はとても多いです。

 

 

しかし、使用しているのに満足な効果が得られていないと考える人も少なくはないようです。

 

 

ここには、正しい育毛という知識が必要で、何でもいいから育毛効果が得られるアイテムを利用すればよいというものではありません。

 

 

抜け毛の大きな原因は加齢によるもので、抜け毛や薄毛には遺伝的要素が高いと言われています。当然、これには個人差があり、高齢期を迎える人でも髪が多いという人もおられます。

 

 

ただ、生まれてから幼少期や少年期にかけて、元々髪が細い人や少ない人もおられるでしょうが、中高年以降に薄毛となる症状のような人はおらず、大概の人が髪がフサフサしているはずです。

 

 

これには、このころ活発になる新陳代謝が関係しており、成人以降にその代謝のサイクルやスピードが衰え、さらに加齢減少の一つとして30代以降に皮脂の分泌が多くなることでジヒドロテストステロン(DHT)生産量増加となり、髪の成長に大きな支障となるのです。

 

 

このことはある意味避けることの出来ないことで、育毛剤などを使って育毛効果を高めるために普段できる努力をすることで、ある程度効果を高めることは可能であると言えるでしょう。

 

 

というのも、30代を過ぎると食生活で辛いものや味の濃いものなどを好む傾向があり、ビールのお供に揚げ物などが合い、これを多く摂ることが必然化します。

 

ビール

 

 

しかし、髪の成長を阻害する、毛穴の皮脂腺で生産される5αリダクターゼの分泌量が多くなるのもこのころで、食生活の見直しはとても重要で、緑黄色野菜や豊富なビタミンやミネラルなどを多く摂り、生活習慣そのものを改善することで抜け毛が改善することがあります。

 

 

なお、5αリアクターゼにより生成され脱毛の原因となる男性ホルモンDHTを抑制するには、ヒオウギ抽出液やオウゴンエキスのような抗男性ホルモン成分が配合された育毛剤を活用をするのが良いでしょう。

 

 

それらの育毛剤については、当サイトのトップページで紹介していますので、よろしければご参考にしてください。

 

トップページはこちら