ドライヤーの正しい使い方

抜け毛や薄毛を気にして、どれだけシャンプーや育毛剤にこだわっていたとしても、ドライヤーを正しく使わなければ意味がありません。

 

ドライヤー

 

間違った方法で髪を乾かしてしまうと、抜け毛や薄毛の進行を加速させてしまうのです。

 

 

だったら自然乾燥で良いのでは、と思われる方もいますが、自然乾燥なんてもってのほかです。

 

 

自然乾燥だと、熱を持っている頭皮では雑菌が繁殖してしまいます。頭皮に炎症が起こってしまうのも、増えた雑菌が毛穴に入り込むためです。

 

 

自然乾燥を行うことで、気化熱により頭皮の血流が悪くなり、血管が収縮し、毛根に栄養を運ぶことが十分に行えなくなります。

 

 

頭皮に栄養を運べなくなると、髪の毛は細くなり抜け毛を促進させてしまうのです。

 

 

ドライヤーを上手く使うポイントとしては、まずシャンプー後にタオルでしっかりと水分を拭き取ります。

 

 

ここで十分に水分を拭き取ることで、ドライヤーを使う時間が短縮できます。濡れた髪の毛はキューティクルが開いた状態になっていて、とてもデリケートです。

 

 

タオルでゴシゴシこするとキューティクルが破壊されて髪の毛の健康を損ないます。一度壊れてしまったキューティクルは元に戻すことはできないので、タオルで髪をはさんでポンポンと優しくふき取るようにします。

 

 

まず、頭皮から乾かしていくことが肝心です。頭皮が乾いていないと、雑菌が増えてしまい抜け毛や薄毛の原因となります。

 

 

次に、乾きにくいえりあし、髪の内側から外側へ、根元から毛先の順番で乾かしていくと効率がいいです。髪からドライヤーは20p程度離して使うことが大切です。

 

 

また、同じ場所だけに当て続けるのではなく、手首を回転させながら、まんべんなく髪全体に風を当てると効果的です。

 

 

今回紹介したような方法で、頭皮を乾燥させれば育毛剤も浸透させやすい状態になりますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

⇒ 抜け毛予防の育毛剤で大切な3つのことはコチラ